ゲーム情報まとめ

【Xbox版 "ニンテンドーダイレクト" 】「Inside Xbox」 をゲーム好きな人は絶対に見た方が良い理由

こんばんは!今回は5月8日に配信されるXbox公式番組「Xbox Inside」の話をしたいと思う。

この Inside Xbox はいわば、Xbox版 "ニンダイ"…はちょっと言い過ぎかもしれん。すまん。


でもちょっと待って欲くれ。5月8日に配信される「Inside Xbox」は一味違う

いや、一味どころか「めちゃくちゃ密度の高い配信」になる可能性が高い。Xbox ユーザーだけでなく、ゲーマーならまずもって見といた方が良い理由をいくつか説明したいと思う。

アコート

30代のおっさんゲーマーのアコートです。
TwitterYouTubeもやっております。

スポンサーリンク

今度の Inside Xbox は一味違う。

じゃあちょっと理由を説明したいと思う。
具体的には三つあって

ポイント

  • ここで新作ゲームを発表することを「確約」している
  • 「次世代ゲーム機」の実機稼働映像がはじめてみられる
  • Xbox Series X は「コスパ最強」である可能性が高い

という理由から「ゲーマーやったらぜひ見て欲しい」ということだ。

最後はなんだか販促みたいになってしまったが、購入の選択肢に入れた方が「Inside Xbox」をより楽しめるだろうと思って最後は書いてみた。

今年は新型コロナウイルスの影響で世界で最大のゲーム祭典「E3 2020」がなくなってしまった。当初は「代わりのイベントも検討している」と言っていたのだが、そのオンラインのイベントもなくなってしまった。俺は辛い。

そんな中「Xbox Inside」が希望の星となってくれるかも知れない。

ここで新作ゲームを発表することを「確約」している

  • すでに Ubisoft が「新作ゲーム発表する」と言及している

最近「アサシンクリードヴァルハラ」を発表した「Ubisoft」だが、すでに「ヴァルハラのゲームプレイトレイラーをInside Xboxで公開するよ!」とTwitterで明言している。

ここから先は確約されていないが、ゲームジャーナルの「IGN Japan」では「Xbox Series X向けの「Battlefield 6」「Godfall」「ゴッズ アンド モンスターズ」「レインボーシックス クアランティン」「Outriders」「The Lord of the Rings: Gollum」などの映像ももしかしたら期待できるかも」と言っている。

個人的には正式なプラットフォームではない「テイルズオブアライズ」のプレイ映像も見てみたい。

新作ゲームの発表に期待している理由は他にもある。去年の E3 で発表された「Xbox E3 2019 Briefing」の存在である。

この発表会はゲーマー間ではかなり評価が高かった。個人的にも「テイルズオブアライズ」や「デビルメイクライ5」の発表や「サイバーパンク2077」でサプライズ出演した「キアヌ・リーブス」でかなり衝撃を受けた。僕個人の評価では正直E3で発表されたニンダイよりも高いかもしれない。いやニンダイも面白かったけど。

今回の発表が「Xbox E3 2020 Briefing」の代役となるのであれば「大玉を用意している」と期待せずにはいられない。

「次世代ゲーム機」の実機稼働映像がはじめてみられる

" その辺のピカピカ光ってるゲーミングPCよりスマートでカッコいい "
  • 「PS5」よりも先に初お披露目

Xbox Series X は PlayStation5 と対等する次世代ゲーム機だ。メディアやファンの間ではスペックをがっつり比較されていて、賛否両論が巻き起こっている。

ちなみに理論上の性能差はPS5の10.よりもXbox Series Xの方が1.2倍ほど処理能力が高い。数値で言えば PS5 は 10.3TFLOPS 、Xbox Series Xは 12TFLOPS と言われている。

といっても数値だけでいうのはちょっとわかりにくいのでグラボで超有名な「NVIDIA」の性能が近いRTXシリーズと比較してみた。ちなみにPS5と XboxSX のGPUは両機ともAMDのカスタム製だ。(AMDは比較に含まれていない、でもCPUはめっちゃ好きだから)

上から順に性能が高い モデル 理論性能
1 Titan RTX 16.3 TFLOPS
2 RTX2080Ti 13.45 TFLOPS
3 Xbox Series X GPU 12.00 TFLOPS
4 RTX2080 Super 11.15 TFLOPS
5 PlayStation5 GPU 10.30 TFLOPS
6 RTX 2080 10.07 TFLOPS
7 RTX2070 Super   9.06 TFLOPS

という感じだ。(んー表にしてもわかりにくい。

ここまでくると正直両機の性能差が出るのは「本当に細かいディテールの差」だけで「実際目で捉えられるかどうかわからない」と思っている。両機ともレイトレーシングに対応しているのでより違いの変化を感じることが難しいと思われる。

「じゃあ証拠の映像を見せてみろよ?」というと実際の稼働映像は両社とも未解禁で、Xbox側が5月8日に配信される「Inside Xbox」で初めてのお披露目となる。
この発表はPS5との比較にもなると思うので、とりあえず「PS5」購入予定の人も見ておいて損はないはずだ。

「百聞は一見に如かず」僕もPCのスペックはそこそこ知識がある方だと思ってはいるが、GPUの差がゲーム機のグラフィクスやフレームレートにどう影響してくるのかはかなり疎い。

スペック差を比較するのは専門家に任せて、僕たちは実機の映像でしっかりと判断したい。

Xbox Series X は「コスパ最強」である可能性が高い

" 当ブログで何度も紹介させてもらっている「Xbox Game Pass」はコスパ最強のゲームサブスクだ。 "

「性能が高いのはわかった。じゃあ値段はどうなの?」というとハッキリとした答えは出ていない。価格も未発表だからだ。

ただ Xboxのヘッドであるフィル・スペンサーさんの意見によると「Xbox Series X の価格設定について敏捷な対応をしていく。」と言っている。これはPS5を意識しての発言だと思われる。参考の記事ではソニーと比較する発言がかなり見受けられる。

でも一庶民のわしにはどれぐらいの価格設定をすれば「Xboxのヘッドが満足のいく結果」なのか正直わからん

ということでここからは現在の情報に焦点を当てて説明したいと思う。

この二つが「Xbox Series X は「コスパ最強」である可能性が高い」理由になる。

ポイント

  • Xbox one シリーズはスペックに比べてめちゃくちゃ安い
  • Xbox Game Pass というゲームサブスクの存在
  • Xbox one シリーズはスペックに比べてめちゃくちゃ安い

Xbox one シリーズは「性能に比べて価格設定がおかしい」とよく言われるゲーム機だ。もちろん良い意味で。

特にシリーズ上位機である 「Xbox one X」はPS4シリーズの上位機である「PS4 pro」と比べて(R2/5/6時点で)値段が5千円近く安いにも関わらずGPUの性能は1.4倍も高い

これは決してPS4 Pro のコスパが悪いと言っている訳じゃない。むしろPS4 ProはゲーミングPCと比べるとはるかにコスパが良い。
それよりも Xbox one X は更にコスパもスペックもかなり高い。わかりやすく表でまとめたので参考にしてほしい。

  価格(R2/5/6時点、税込み価格) 性能
Xbox One X 42,000円 GTX 1070 並み ( 6.0 TFLOPS )
PlayStation4 Pro 49,500円 GTX 1060 並み ( 4.2 TFLOPS )
GALLERIA RJ5
( PS4 Pro よりスペック高め )
87,978円 GTX 1660 ( 5.0 TFLOPS )

ゲーミングPCはBTOメーカーの安さを誇る「ドスパラ」の「GALLERIA」と比較させてもらった。(僕もめっちゃ愛用している)

ちなみに「GALLERIA」のPCも本当にめちゃくちゃ安い。「下手すれば自作よりも2~3万ほど安くなる」というどうしたらそんなに安くなるか本当に意味が分からないぐらい安い。だがそれ以上に PS4 Pro のコスパも相当高いし、更にその上を Xbox one X は独走してると言える。

今回発表される Xbox series X のスペックは PS5 よりも高い性能だが、フィルスペンサーさんの発言、過去の傾向から見ても性能の割に値段が安く抑えられている可能性は高いといえる。

  • Xbox Game Pass というゲームサブスクの存在

当ブログでは2回ほどとり上げさせてもらっている Xbox Game Pass だが、マジで最強である。

XboxユーザーかゲーミングPC向けのゲーム定額料金サービスだが、高くても月額850円で、新作も含めて100タイトル以上遊べる。

海外で既に展開されていた Xbox Game Pass は 「Xbox Game Studios」 で開発されている 「Gear of War シリーズ」や 「Halo シリーズ」は発売日と同日に配信している。新作で買えば7~8000円するゲームを月額400円台で楽しめるのはかなり異常だと思う。

もちろん繰り返しになるがこのサブスクは Xbox one シリーズのユーザーかゲーミングPCを利用している人にしか加入できないもので、このサブスクの存在がコスパ最強を後押ししている。

日本に上陸したゲームサブスク『Xbox Game Pass』が割とスゴかった。

Microsoftが発表したXboxのサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」を日本でも4月14日より開始するとのことです!「え、なんだよそれ?」っていう方のためにXbox Game Passとは何なのか?の紹介と個人的にどう思ったのか書いていければな~と思います。

続きを見る

Xbox Series X は「ソニーの牙城」を切り崩せるのか?

ここで繰り返しになるが、ゲーマーは5月8日に配信される Inside Xbox を見といた方が良い。

理由は

ポイント

  • ここで新作ゲームを発表することを「確約」している
  • 「次世代ゲーム機」の実機稼働映像がはじめてみられる
  • Xbox Series X は「コスパ最強」である可能性が高い

ということだ。

僕はどっちも買うつもりではあるが、5月87日の Inside Xbox の配信を見て比較して悩みたいと思う。

  • この記事を書いた人

アコート*

こんばんは!ゲームフルネス!を運営しているアコートと申します。 最近ハマっているゲームは「Apex Legends」「Ghost of Tshushima」「CoD:MW」ですね。 記事ごとに口調違うのはご愛敬という事で…(´・ω・`;) 「いい記事書くやん」と思ったらコメントや ツイッターで「いいね」やコメントをいただけると有難いです! 好きな言葉は「選択と集中」「身体こそが唯一の資本」「人生の中で一番若いのは『今』」です。

人気記事

1

今回は風雲たけし城バトロワと話題の「Fall Guys: Ultimeate Knockout」を紹介したいと思う。この記事では 「Fall Guys: Ultimeate Knockout ってどん ...

2

2020年9月28日に正式リリースが発表されたmiHoYo最新作の基本無料のオープンワールドアクションRPG「原神」の事前登録が公式で始まったので登録方法を簡単に紹介します。事前登録することでガチャ石 ...

3

ゲーマーを魅了する緑の悪魔。 「音」…それはFPSプレイヤーなら誰しもがハマる沼、抱え込む闇だ。新しいものを買っては「もっと高いヘッドセットを使えば…」「アンプを買えばもっと聞こえるんじゃ…」とその闇 ...

4

今回は最近話題のサイバーパンクバトロワ「HYPER SCAPE」とはどんなゲームか?プレイする上で必要な環境、スペック、ハイパースケープのはじめかたを紹介する。 HyperScapeでおすすめの設定方 ...

5

「高いゲーミングPC買ったんだ!ゲーム色々やりたい!だけど…お金が…;;」みたいな状況になっている方はいないだろうか?めちゃくちゃわかる。俺も10万円かけて地雷みたいなPCを購入し、かなり後悔してる。 ...

-ゲーム情報まとめ
-,

© 2020 ゲームフルネス! ー GAMEFULNESS* Powered by AFFINGER5