ゲーム情報まとめ

ゴーストオブツシマをプレイしてわかったこと【序盤プレビュー】

GHOST OF TSUSHIMA。侍オープンワールドアクション。発売日にはツイッターでトレンド入りするほど注目されているPS4最後の砦。今回はゴーストオブツシマを8時間ほどプレイしてわかったことを話していきたいと思う。ちなみに僕はフォトモード沼に完全にハマっている。


ゴーストオブツシマは結構グロい(閲覧注意)

グロ耐性がない人は閲覧注意。

ゴーストオブツシマは自然の景観や視覚報酬に目が行くが中身は決して綺麗なものだけじゃない。実は結構グロい。どれぐらいかというと僕が直近でプレイしたレッドデッドリデンプション2と非常によく似ている。
ゴーストオブツシマも美しい景観とは裏腹に、いざ一騎打ちをはじめれば平然と血しぶきが舞い上がる。ロケーションによっては生首が刺さった射場があったり、焼き払われた死体の山があったり、横たわった動物から腹わたが出ていたり、国産では珍しく過激め。このグロさの理由は主に二つあると個人的に思っている。

歴史を忠実に再現するため

ゴーストオブツシマ まとめ【7/17発売 本格侍オープンワールド】

侍が題材のゲームと言えば結構色んなゲームが出てる。「天外魔境シリーズ」「侍道」「戦国無双シリーズ」、最近でも「SEKIRO」や「仁王2」なんかのシリーズ最新作も発売されている。国内では侍ゲー開発がわり ...

続きを見る

1つめは「歴史を忠実に再現するため」。
以前ゴーストオブツシマについてまとめた記事では、ゴーストオブツシマは「1274年、モンゴルに大敗した対馬が舞台」と紹介させてもらった。日本では「文永の役」「蒙古襲来」とも言われていて、まず手始めに日本と韓国のちょうど間にある対馬に侵攻されたというお話からはじまる。

この時モンゴルと朝鮮が結託して行った侵略は残虐非道で、言い伝えでは「抵抗できない相手に何十倍もの兵力で襲い掛かって、暴虐の限りを尽くした。」「赤ん坊を探し出して、赤ん坊を股裂きなどにした」「女子どもを生け捕りにして手のひらにひもを通して数珠つなぎにした」
と文献や浮世絵に多く残されている。

幸いゴーストオブツシマにそういった表現は(今のところ)ない。そもそもゴーストオブツシマは歴史を元にしたオリジナルストーリーだが、日本の文化や景観、時代劇をふんだんに盛り込んでいるので、そういった醜い部分もできるだけ再現していてもある意味納得する。むしろそうした時代背景からすればゴーストオブツシマの表現はむしろ優しいとも言えるかもしれない。

表現規制の度重なる炎上

2つめは表現規制の度重なる炎上によるもの。
PS4公式サイトの 『Ghost of Tsushima』よくあるお問い合わせ では「表現に規制がない」と公式が言及している。審査機関がある以上センシティブな表現をしたゲームが規制されないことはかなり珍しい。

そもそもゲーム業界は海外で発売されるものはグロテスク表現、ヴァイオレンス表現、セクシャル表現があるのに、なぜか日本で発売されるとなるとことごとく表現規制されることが多い。18歳以上禁止(CERO Z 指定)と表示されていても当たり前のように修正される。
最近で言えば「バイオハザードRE:2 の北米版 と 国内 Z Version 」が良い例。北米版はオリジナル版とも言われていて、CERO規制がないのに欠損表現などに規制は入っていない。対して国内の「Z Version」はわざわざ「通常版」と規制を分けているしているにも関わらず、規制表現がされている。このような表現規制をCEROは活動法人として認証された2003年から現在に至るまで審査、規制をしている。

最初はそこまでの炎上はなかったものの長期間こういった監視活動を続けているため、ゲームをたしなむ人にストレス溜め込ませてしまっていて、今の炎上騒動にいたっているのかもしれない。こういったことも考慮して、本作はオリジナルな表現に注力している…と思う。


ちなみにCEROは「特定非営利活動法人コンピュータエンターテインメントレーティング機構」の略。長い。

こういったこともあり、ゴーストオブツシマは逆にグロ耐性がない人には辛いものになっているかもしれない。僕ははからずとも最近クリアしたなんとかレッドデッドリデンプション2で事前に対策した。(白目)

境井仁は完璧な人間ではない

時代劇といえば「必殺仕事人」のようなバリバリに強い人たちが悪を滅多打ちにする「勧善懲悪もの」のようなストーリーを思い描くと思うけど、このゴーストオブツシマの物語はどちらかというと境井仁の成長を描いたストーリーのように見える。

境井仁は偉いところの出だが正義感が強く武士道を重んじており、いかにも主人公らしい。剣の腕も確かで序盤から一騎打ちに出て真正面からモンゴル兵をバッサバサと斬り倒す。しかしその心の面はまだまだ成長しきれていない。ゆなに言われ迷いながらもモンゴル兵を闇討ちをしたり、「志村どのを救えば何とかなる」を盲信していたり、考え足らずな場面も多い。

そのことを見ると、どうやらゴーストオブツシマは「事を一つ一つ流れるように解決していく時代劇」ではなく「苦難の末、何か大切なことを学んで進んでいく境井仁のヒューマンドラマ」なのだと思う。…けど、どうだろうか?

侍も完璧な戦い方ではない

誉れ高い戦い方と人々に称賛される「侍」。この「侍」の戦い方は一対一であれば強いんだけど、侍の剣技だけで多人数を相手にするのはかなりキツイ。

武士道を重んじて真正面から戦闘しに行くと、瞬く間に大勢にモンゴル兵に囲まれてフルボッコの目にあう。これはシナリオ的にもゲームシステム的に「侍」の立ち回りだけで戦闘をまっとうするのはキツイ。

しかし境井仁の戦闘スタイルはもう一つの顔がある。それは「ゴースト(冥人)」だ。

「ゴースト」の戦い方は「闇討ち」で安全に敵を倒すことができたり、「クナイ」などの暗具を使って複数の敵をひるませたりできるので、多人数とも対等に戦えるようになる。だけどもゴーストの戦い方は「けだものの道」とゲーム内で揶揄されていて「侍」の戦い方と対極的に扱われている。

シナリオでは「侍として武士道を貫け」とさとされる一方、ゲームシステムでは「志村の教えに背いて戦え」といってくるのだ。このシナリオとシステムの相容れぬ親和性が面白い。

TSUSHIMA of the Wild

ゴーストオブツシマの舞台、「対馬」のランドマークは山々の起伏と色とりどりの木々に隠されていて、プレイヤーの探索欲求を掻き立てる。そしてゴーストオブツシマでは様々な自然がプレイヤーを誘導してくる。「火煙」や「石碑」は集落やアクエストの目印になっている。「鳥」や「キツネ」は未知のロケーションへ誘ってくれる。

ただ「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」のようにロケーションが見にくくわかりにくいあところにあり、探索自体が謎解きのように仕掛けになっている場合もあるので、それをナビゲーションを辿っていくのは少し残念なところでもある。でもキツネが可愛い。

探索のご褒美は「絶景」

探索したご褒美の種類は多様だ。例えば温泉を見つけて浸かれば、最大体力が上昇したり、石碑を見つければスキンやアイテムが手に入ることもある。しかしながらゴーストオブツシマにはもっと別の報酬もある。それが「絶景」だ。サッカーパンチの描いた対馬は幻想的で彩り豊かな美しさがあり、誰もが癒される風景になっている。ゴーストオブツシマは上の画像や下の動画にある以外にも様々な絶景がプレイヤーを待っている。ぜひとも辿り着いて「視覚報酬」を存分に楽しもう。

ゴーストオブツシマ発売前の情報まとめ

発売前情報
ゴーストオブツシマ まとめ【7/17発売 本格侍オープンワールド】

侍が題材のゲームと言えば結構色んなゲームが出てる。「天外魔境シリーズ」「侍道」「戦国無双シリーズ」、最近でも「SEKIRO」や「仁王2」なんかのシリーズ最新作も発売されている。国内では侍ゲー開発がわり ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

アコート*

こんばんは!ゲームフルネス!を運営しているアコートと申します。 最近ハマっているゲームは「Apex Legends」「Ghost of Tshushima」「CoD:MW」ですね。 記事ごとに口調違うのはご愛敬という事で…(´・ω・`;) 「いい記事書くやん」と思ったらコメントや ツイッターで「いいね」やコメントをいただけると有難いです! 好きな言葉は「選択と集中」「身体こそが唯一の資本」「人生の中で一番若いのは『今』」です。

人気記事

1

今回は風雲たけし城バトロワと話題の「Fall Guys: Ultimeate Knockout」を紹介したいと思う。この記事では 「Fall Guys: Ultimeate Knockout ってどん ...

2

2020年9月28日に正式リリースが発表されたmiHoYo最新作の基本無料のオープンワールドアクションRPG「原神」の事前登録が公式で始まったので登録方法を簡単に紹介します。事前登録することでガチャ石 ...

3

ゲーマーを魅了する緑の悪魔。 「音」…それはFPSプレイヤーなら誰しもがハマる沼、抱え込む闇だ。新しいものを買っては「もっと高いヘッドセットを使えば…」「アンプを買えばもっと聞こえるんじゃ…」とその闇 ...

4

今回は最近話題のサイバーパンクバトロワ「HYPER SCAPE」とはどんなゲームか?プレイする上で必要な環境、スペック、ハイパースケープのはじめかたを紹介する。 HyperScapeでおすすめの設定方 ...

5

「高いゲーミングPC買ったんだ!ゲーム色々やりたい!だけど…お金が…;;」みたいな状況になっている方はいないだろうか?めちゃくちゃわかる。俺も10万円かけて地雷みたいなPCを購入し、かなり後悔してる。 ...

-ゲーム情報まとめ
-

© 2020 ゲームフルネス! ー GAMEFULNESS* Powered by AFFINGER5