ApexLegends ダイヤへの道 ゲーミングデバイス紹介

俺のApex人生を変えた「ゲーミング○○」5選【まずは身体を敬え】

こんばんはアコートです。今回は俺のApex人生を変えたゲーミング○○を紹介したい。

近頃はゲーム事業も大きく拡大されていて、ピンからキリまで「ゲーミング」と冠名をつけて売っている。
「ゲーミングPC」とか「ゲーミングマウス」などゲーマーにとって価値の高い商品もあれば、「ゲーミングサプリ」や「ゲーミング座布団」などの「ゲーミングとはもはやいったい何なのか?」と考えさせる商品まで揃っている。

今回は俺が最近ハマっているApexLegendsをプレイする環境を元に、本当にゲーム環境が変わった「ゲーミング○○」を5つ、ランキング形式で、うちのケーブルまみれで散らかったゲーム環境とともに晒していきたいと思う。

第5位 ゲーミングアンプ(MixAmp PRO TR)

一番最初に紹介するのはゲーミングアンプ。この記事の中では優先度は低めだけど今となっては俺のゲーム環境に欠かせない存在となった。

ゲーミングアンプがあれば、ゲーム以外にもPCで映画鑑賞や音楽を高品質なオーディオで楽しめるし、ミキサーとしてもめちゃくちゃ便利で、音が重要な競技性の高いFPS、TPSをボイスチャットで通話しながらガチで没頭したり、はたまたシングルプレイでゆっくり遊べるゲームとPC音を繋げていわゆる「ながらプレイ」でダラダラ遊ぶことだってできる。

しかし5位の理由はやはりPCがなければ完璧に使いこなせない事だ。ゲーミングアンプの大半はPCが横になければただのオーディオアンプになってしまい、肝心のミキサー機能はほとんど腐ってしまうので注意。

逆に「PC」と「ゲーム機」どちらもあればゲーミングアンプは神アイテムとなる。普段ゲームはコンソールで遊んでいるが、PCも重宝している人にとってゲーミングアンプである「MixAmp PRO TR」は深く刺さるゲーミングデバイスだ。


第4位 ゲーミングPC(GALLERIA DJ)

第4位はゲーミングPC。俺にとっては必須級だがゲーミングPCは価格で妥協すると経験上かなり痛い目を見るので「焦らなくて良い」という意味で4位に選んだ。

ApexLegendsを遊ぶことに限らず、ゲーミングPCは将来性を考えるとなるとなくてはならない存在だ。
ゲーミングPCは単純にゲームだけでなく、趣味でSNSや配信活動、俺みたいにブログを書いたり、プログラミングや動画編集でビジネスに直結させることもできる。将来ゲームだけじゃなく、飯を食っていくことを考えればゲーミングPCはなくてはならない存在だ。

しかし、やっぱり「価格」が大きなハードルになる。

ここ最近安いPCは市場に多く出回っているが、スペックが低いとやはりこなせることは少ない。高フレームレートなゲームをプレイしたり、動画編集やガチなプログラミングをするとなるとPCの必要スペックも高くなり、必然的に価格帯も上がってくる。

配信活動や動画編集なんかも今ならスマホやゲーム機でなんとか代用することもできるが、効率も自由度も圧倒的に劣ってしまう。「価格」というハードルさえ超えてしまえばゲーミングPCは「何でもできるパートナー」として間違いなく活躍してくれる。


第3位 ゲーミングヘッドセット(Razer Kraken)

第3位はゲーミングヘッドセット。ApexLegendsじゃなくてもFPSやTPSをプレイする上で「音」はとても重要な情報源になる。

ゲーミングヘッドセットには「ヘッドホン」に「マイク」が基本的についていて、VCに対応するゲームであればゲーミングヘッドセット単体でボイスチャット機能を利用することができる。

音質もゲーム向けのチューニングがなされているものが多く、特に注目して欲しいポイントが「定位感」。
定位感とは「音の発している位置の表現力」のことだ。定位感が高ければ、状況次第で音だけで敵の人数や正確な位置を把握することだってできる。

ゲーミングヘッドセットは厳選して一本だけ買うのをおすすする。
なぜかというと定位感が良いor悪い、音が良いor悪いの判断は結構難しく適当に買ってしまうと「あれこっちも良いかも?」となってしまいがち。こだわらずに買ってしまうと俺みたいに納得いかずに他のゲーミングヘッドセットが気になる、いわゆる「オーディオ沼」にハマってしまう可能性が高い。

ちなみに俺が強くおススメするのは「Razer Kraken」だ。1万円以内で圧倒的な定位感が得られるゲーミングヘッドセットだ。

第2位 ゲーミングモニター(BenQ ZOWIE XL2411K 24型 144Hz)

ApexLegendsを上手くなりたい?そんな人がまず絶対に買った方が良いもの。それは間違いなく「ゲーミングモニター」。プロゲーマーの方もモニターに拘っている人が多く、持ってない人がゲーミングモニターでゲームをすればマジで世界が変わる。

理由は「応答速度」にある。応答速度というのは「色の切り替わる速度」だ。
色が切り替わるのが遅いと色が切り替わるたびに残像感が強く出てしまい、敵を視認しずらくなったり、リコイル制御がかなり難しくなったり、それに伴って「目」もかなり疲れやすい。また色が切り替わるのが遅いんだから実質「自分の反応速度」も遅くなってしまうので応答速度の遅いモニターを使っているとそれだけで負けに直結してしまう。

そんな大事な応答速度を高速化してくれる「オーバードライブ」という機能がゲーミングモニターには備わっている。だから「ゲーミングモニター」は先ず買っておくべきだ。(ついてないものもあるので注意。)

俺が愛用しているゲーミングモニター「I-O DATA Gigacrysta 23.6型 144Hz」にはかなりお世話になってて良い製品だが、新型になってからレビューが荒れており、モニターの品質が安定しないらしい。

今なら「BenQ ZOWIE XL2411K 24型 144Hz」を強くお勧めしたい。品質は安定してるし、3万円以内と安値で購入できるし、PlayStation5の120Hz出力にも対応してるので将来的にも長く使えるモニターになっている。


第1位 ゲーミングチェア(GTRacing GT002)

ゲーミングデバイスを紹介する記事で最推しがまさかの「椅子」。意外かもしれないがゲーミングチェアの効果は計り知れない。

俺も今年32歳のじじいで、普通の椅子に座って長時間のApexLegendsを集中してプレイしていると「腰痛」「肩こり」「足の痺れ」で3時間もやっていればもう身体がバキバキのボロボロになってしまうことが当たり前だ。
若ければ次の日には治っているかも知れないが年老いたおっさんにそんな回復力は当然ない。そんな身体の痛みに悩まされていた時に出会ったのがこの「ゲーミングチェア」だ。

肩こりを抑えてくれる枕の「ヘッドレスト」、腰の負担を軽減してくれる「ランバーサポート」がとにかく神。ゲーミングチェアは人体工学に基づいた自然な態勢で座ることができ、長時間のゲームプレイでも「肩こり」「腰痛」を抑え、集中力を持続することができる。「ゲーミングチェア」といえば何となく機能がてんこ盛りのデカい椅子だと思いがち。リクライニング機能とか…でもそんなものはオマケにすぎない。

「座り続けるのは身体に悪い」という研究があるらしいがコアゲーマーである俺たちは座らない訳にもいかない。でも腰痛などの身体の痛みが気になる方はぜひともゲーミングチェアに座ってみてほしい。マジで快適すぎる。

ゲーマーでも健康でいることが一番重要。

以上で俺の人生を変えたゲーミングデバイスの紹介は終わり。

ゲーム人生を楽しむならなんだかんだで「健康」が一番重要だ。プレイ時間ではない。「ゲームのやりすぎは良くない!」とこんな風に家の猫もモニターを遮ってでも止めに来る。だからゲーマーのみんなも身体を敬ってくれ。

使ってるゲームガジェットの紹介

ミックスアンプは音質と定位感の底上げを期待できるし、超絶便利なオーディオスプリッターとしても運用できる。自由度の高いイコライザーで状況に応じた使い分けもできるし、それらを簡単に変更できるシンプルで使いやすい魅力的なゲーミングアンプだ。

1万円以内で最強の「定位感」を得られるおススメヘッドセット。Razer Kraken Green は着け心地も快適なので長時間の運用もラクラク。マジでおススメできるヘッドセットだ。

パッド勢はFPSフリークをつけた方が良い理由まとめ【ApexLegends/PS4】

以前書いた記事のリライト版です。なぜ書き直したかというと「FPS初心者の方にFPSフリークをぜひ使ってもらいたいから再度紹介」したいと思ったのが主な理由。この「FPSフリーク」と「Razer Krak ...

続きを見る

FPSフリークをつける注意点とメリットをまとめているので購入予定の方は参考にしてほしい。

7000円代の価格帯でワイヤレスイヤホンを求めるならコレ。Soundcore Liberty Air 2は普段使いにもゲームアプリ用にも使えるバランスの取れたおススメのワイヤレスイヤホン。

以上、俺のApex人生を変えた「ゲーミング○○」5選【まずは身体を敬え】でした。

  • この記事を書いた人

アコート*

キーマウ初めて一ヶ月でApexLegendsシーズン9でソロダイヤ達成たアコートです。ゲームフルネスでは… 【ソロダイヤを達成するための「練習」や「考え方」】 【他の実況者やプロが教えてくれないFPSの知識】 【本当におすすめできるゲーミングデバイスとは?】 を紹介したいと思います。

最近良く読まれてる記事

1

こんにちはアコートです。今回はエイムがなくてもPS4版ApexLegendsの「ゴールド」ランクまで行ったお話をしたいと思う。 最近ApexLegendsのはじめかたの記事を書くついでにApexLeg ...

2

今回はCoD:MWをフリークを付けて一ヶ月間プレイして気づいたメリット、デメリットを紹介している。今フリークをつけている人も、そうでない人も「普段意識するとFPSを上達しやすくなる要素」を書いているのでよければ見ていってほしい。

3

ゲーマーを魅了する緑の悪魔。 「音」…それはFPSプレイヤーなら誰しもがハマる沼、抱え込む闇だ。新しいものを買っては「もっと高いヘッドセットを使えば…」「アンプを買えばもっと聞こえるんじゃ…」とその闇 ...

4

どうも、最近ゲーム用のデスクを新調したけど後悔したアコートです。今回は自分の失敗や買って良かった経験をもとに「失敗しないためのゲーミングデバイスの選び方」、略して「ゲバ選」というシリーズタイトルで数回 ...

5

どうも、こんばんは。アコートです。今回は今でも値段が据え置きレベルの価格で販売されているゲーミングPCをご紹介したいと思う。 以前、続いている半導体不足や転売需要で「高騰したグラフィックボード」や「出 ...

-ApexLegends ダイヤへの道, ゲーミングデバイス紹介
-,